せっぱつまりこのおもしろくない雑学

どちらかといえばローコンテキストな、いわゆる「書き言葉」的な説明的な文体を得意とします。また、学術修士の学位を取得しておりますので、リベラルアーツ系統の分野では一定以上の専門的な記事をご期待頂けます。近年ではクイズ原案記事を作成しており、「西洋美術史におけるいわゆる神話画の、古代に書かれたギリシャ神話とはまた違う物語と魅力」についてよく書きます。また、17歳頃から興味を持ち続けております日本や海外の葬儀・埋葬文化史についてもマニアックな記事を書いております(グロテスクな描写が苦手な方は若干ご注意下さい)。
そして、今や日本語の記事を読むのは「日本人」とは限らないということを念頭に置いて記事を書くことを心掛けております。とりあえず、「無難なSEO記事」をご希望の方は私にはご依頼なさいませんように。
なお、幾つかの記事は匿名あるいは異なるペンネームで執筆したものです。日本ネットクリエイター協会会員です。
https://seppatsumariko.edire.co/

  • サイト画像.png

    樹木葬で後悔する前に… 起こりやすい問題と未然に防ぐ方法とは?

    担当分野:
    執筆

    匿名ですが拙記事です。歴史的文化的なトリビアを入れることで、競合他社の記事と差別化を図っております。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    檀家とは?檀家の仕組みと『やめ方』。メリット・デメリットなどわかりやすく解説

    担当分野:
    執筆

    こちらも、匿名ですが拙記事です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    離檀料とは?支払わない方法はある?お墓の改葬や墓じまいの際に必要な費用や手続き

    担当分野:
    執筆

    こちらも、匿名ですが拙記事です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    密葬とは?家族葬との違い・密葬の流れと注意点を詳しく解説

    担当分野:
    執筆

    匿名ですが拙記事です。仏式葬儀を「デフォルト」として無宗教式も含めた他の宗教宗派による葬儀を「イレギュラー」なケースとして扱うのでなく、どちらも「想定される多様なケース」として等しく尊重した書き方になるよう心掛けております。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    永代供養墓ってなに?デメリット・メリットや費用の相場について解説

    担当分野:
    執筆

    こちらも、匿名ですが拙記事です。なお文中で『火垂るの墓』に言及する箇所がございますが、このラストで納骨堂が出てくるのはアニメ映画版でなく原作小説版です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    樹木葬のデメリット・メリットとは?費用の相場や選ぶ際にポイントも解説

    担当分野:
    執筆

    匿名ではございますが、拙記事です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    一日葬とは何?デメリット・メリットや費用の相場を徹底解説

    担当分野:
    執筆

    匿名ではございますが、拙記事です。日本のこうした記事では仏式葬儀がいわば「デフォルト/ノーマル」であり無宗教式も含む他の宗教宗派による葬儀が「イレギュラー」であるかのような書かれ方になりがちですが、できるだけどの場合も等しく「想定される多様なケースの1つ」として書くよう注意しております。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    日本最古の漫画「鳥獣戯画」に描かれていた平安時代のお葬式とは?

    担当分野:
    企画執筆

    以前執筆しました記事です。仏式葬儀で参列者も数珠を持つ習慣は、既にこの時代には存在していたようです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    伊達政宗の「灰塚」の謎を、独特な葬儀慣習「両墓制」から推測してみた

    担当分野:
    企画執筆

    伊達家の灰塚の話の続きです。あくまで仮説ですが、興味深いです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    戦国大名 伊達家で伝えられていた独特な葬儀の風習「灰塚」が色々と謎すぎる

    担当分野:
    企画執筆

    これも本当に謎だらけな風習でして、終わり(18世紀初め、当時の藩主により時代遅れで無益とされ廃止された)はわかっていますがいつ頃なぜ始まったかは、未だに謎です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    源氏物語では平安時代における火葬が高級な葬儀だったと読み取れる

    担当分野:
    企画執筆

    ウェブライターを始めて比較的早い時期に匿名で執筆しました。なお、これは私が高校生の時から関心があった件です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    心霊スポットの代名詞「墓地」ーーいつの時代からそんな存在になった?!

    担当分野:
    企画執筆

    以前私が異なる筆名で執筆しました記事です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    約束は必ず守るという意味の「親の頭に松三本」は死に関連している?

    担当分野:
    企画執筆

    以前異なる筆名で執筆しました拙記事です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    今では当たり前となった火葬が、その昔タブーとされていた意外な理由とは?

    担当分野:
    企画執筆

    以前異なる筆名で執筆致しました拙記事です。ちなみに前の時代である室町時代の足利将軍が亡くなった際は、菩提寺である京都の等持院の敷地内で火葬されていたので(つまり徳川将軍=埋められた人、足利将軍=焼かれた人なわけです)後の徳川将軍のようなことは考えられなかったわけです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    火葬を忌避し土葬された歴代徳川将軍が、何故か結局火葬されたその理由とは

    担当分野:
    企画執筆

    以前異なる筆名で執筆致しました拙記事です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    江戸時代後期、葬儀シーンが小説の挿絵で自粛されたことがある?

    担当分野:
    企画執筆

    要するに、例えば『ごんぎつね』で例え話をすると、兵十の母の葬儀シーンを文章(「何かがぐずぐず煮えている」のくだりも健在)で描写するのはセーフだが、お手伝いに来た近所の女性が何かをぐずぐず煮ているのを絵にするのはアウト、というやつです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    クリンガーの『ベートーヴェン像』に投影されたもう1人の英雄は?

    担当分野:
    企画執筆

    「鷲と目を合わせること」の意義には、こういう意味もあったわけです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    二次創作的神話画の 「芸術をたしなむ最高神」像のもう一つの意義は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。こういうネタは今の日本で割とカジュアルに読める「美術で読むギリシャ神話」系の書籍では余り扱われないので、もっとメジャーになって欲しいです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    クリンガーの『ベートーヴェン像』のポーズのヒントになった作品は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。「クリンガーのベートーヴェン像」シリーズは、まだまだ出てきます。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    地域で異なる「人の死」に関連した様々な言い回しや独特な表現

    担当分野:
    企画執筆

    以前異なる筆名で執筆しました拙記事です。この「死者と買い物」の信仰については、もっと研究が進むべきだと個人的に思います。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    真田家家紋でありながら副葬品としても有名な「六文銭」の意味や意外な歴史

    担当分野:
    企画執筆

    今とは異なる筆名で執筆致しました拙記事です。この「六文銭」のしきたりも、実は(前近代とはいえ)割と新しい時代に作られた伝統の1つだといえます。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    高級な葬送だった火葬が、江戸時代には一転タブーとなった、その理由とは?

    担当分野:
    企画執筆

    現在とは異なる筆名で執筆致しました拙記事です。室町幕府の将軍=焼かれた人、江戸幕府の将軍=埋められた人なのも1つにはこのためです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    後世の二次創作的神話画で、幼少の最高神が練習する楽器は?

    担当分野:
    企画執筆

    後世に入ってから描かれた「ギリシャ神話をテーマとする美術作品」の面白い点は、こういう後世オリジナルエピソードも扱われることがある点にもあります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せ12・どこが危険?リビング編2

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙記事です。今回はショッキング描写はないつもりです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    子どもたちを呑み込む先代最高神を描く神話画の「改変描写」とは?

    担当分野:
    企画執筆

    実はこのテーマには、別の画家によるものですが「ソフト表現版」もあります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    最高神の姿以上の超人的なイメージの神話的肖像とは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。前近代の西洋美術には、こういう面白さもあります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せvol.9どこが危険?テレワーク編2

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    キリスト教美術でタブー化した表現を受け継いで流行した神話画は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。日本語でカジュアルに読める「美術で読むギリシャ神話」系の書籍では、えてして触れられていないテーマです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せ:どこが危険ですか? 【リビング編1】

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せ11・なぜこうなった?4

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。猫の死亡ネタがあるため、人によっては閲覧注意です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せvol.10なぜこうなった?3

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。猫の死亡ネタがあるため、人によっては閲覧注意です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せ番外編・それってホントに癒される?

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。猫の死亡ネタがあるため、人によっては閲覧注意です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    最高神の姿のベートーヴェン像で表現された 新しい最高神イメージは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。こういう視点でいわゆる神話画(彫像も含めて)を観るのも、とても面白いです。なお、サムネイルのアングル『ユピテルとテティス』は映画『ゴジラVSコング』をご覧になった方におかれましては、一種の既視感がおありの方もいらっしゃるはずです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ネガティブ描写がカットされた『分かれ道のヘラクレス』の謎とは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    神の怒りから人々を守る聖母像がバロック以降タブーとされた理由は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。こうしたことからも、「いわゆる一神教よりもいわゆる多神教の方が、一度【罪】を犯した人間の改心について寛大である」というのは必ずしも正しくないということがわかります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    最高神の姿のワシントン大統領像が手に持っているものは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。こうしたいわゆる神話的肖像の文化も、とても興味深いです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    クリンガーの『ベートーヴェン像』を英雄的と賞賛した作家は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。参考文献として、ドイツ語の書籍を(辞書やグーグル翻訳に頼る点が多いですが)読み始めました。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    クラーナハの『パリスの審判』。勝者である美の女神はどの人物?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せvol.8なぜこうなった?2

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。若干ショッキングな描写がございますので、人によっては閲覧注意です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    『ヘラクレスとオンファーレ』の描かれ方の劇的な変遷とは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。このように、ギリシャ神話をテーマにしている後世に描かれた美術作品には「新しく創作された」ネタも案外あるので興味深いです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ギリシャ神話の神同士の裁判で重要な、 当時の死者と縁の深いものは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。こういうことにも、興味関心がございます。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せvol.7 【なぜこうなった?1】

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。若干ショッキングな描写がございますので、人によっては閲覧注意です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せ番外編 【それってホントに聞いてるの?】

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    拙クイズ原案です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    運命の三女神の「海の妖精の眷族」イメージはいつ頃から?

    担当分野:
    企画執筆

    拙クイズ原案です。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ペットのヒヤリハットを探せvol.3 【どこが危険ですか?キッチン編】

    担当分野:
    その他(イラスト)企画執筆

    こういった記事も書きます。特に今の日本では、こういうタイプのペット関連記事は余りないのでこれから必要性が出る可能性もあります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    平和の女神が戦争の神を倒す神話画の、もう一つのルーツは?

    担当分野:
    企画執筆

    この拙記事のように、あるテーマを何回かに分けてより深掘りしていく書き方もよくやります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    東京・奈良・京都の国立博物館。議会で炎上したデザインなのは?

    担当分野:
    企画執筆

    こうした、近代以降に日本も含む東洋文明圏で取り入れられた西洋美術についてもある程度扱います。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    モロー作の『エウロペの誘拐』の、珍しい特徴は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。こうした、特定のテーマの時代による変遷も興味深いです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    ルネサンスの二次創作的神話画で、最高神が取り組む美術は?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。こうした「オリジナルキャラを出す」タイプの二次創作も、「ギリシャ神話を題材にした美術作品」としては割とあります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    運命の女神姉妹を若く描く際、勧善懲悪要素として工夫されたことは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。なお19世紀半ば以降になりますと、市民社会の発展もあって事情は違ってきます。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    最高神の姿のベートーヴェン像。取り入れられたアトリビュートは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。この像は「ギリシャ神話の“二次創作”としての美術の、一つの成熟した形態」でもあります。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    平和の神が戦争の神を打ち負かす神話画の「新展開」とは?

    担当分野:
    企画執筆

    拙記事です。この、「ギリシャ神話を題材にした美術作品の中には、実は後世に創作されたエピソードを描いた二次創作というべきものも案外ある」というのは、余り知られてはいないようです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    この世とあの世を分ける「三途川」は、実は川ではなく海だったかもしれない

    担当分野:
    企画執筆

    日本及び他の国々の様々な葬儀・埋葬・死者追悼文化史についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    「お墓を持たずに海や山に還す自然葬」ーー希望する方々に共通するある特徴

    担当分野:
    企画執筆

    こうした「現代のリアルタイムの葬儀・埋葬・死者追悼文化」についての記事も、少数ですがございます。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    火葬が普及し始めた明治時代の大阪と東京の火葬率を調べてみた

    担当分野:
    企画執筆

    日本及び他の国々の様々な葬儀・埋葬・死者追悼文化史についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    「火葬」という埋葬方法が浸透していった当時の記録や考察が興味深かった件

    担当分野:
    企画執筆

    日本及び海外の様々な葬儀・埋葬・死者追悼文化史についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    工事現場から昔の人骨が出土…どうすべき?実例と共に探る正しい対処法

    担当分野:
    企画取材執筆

    こちらの記事も、本文でも言及しましたが実際に関連諸機関にお話をお伺いして書いております。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    沖縄県今帰仁村に存在する髑髏塚・百按司墓(むむじゃなばか)を調べてみた

    担当分野:
    企画取材執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。今回の記事は、実際にメールなどで那覇市歴史博物館さんにお問い合わせして執筆しました。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    きゅうりや茄子に割り箸などで脚を付け馬や牛に見立てる精霊馬の幾つかの謎

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    明治に国内で広がりをみせた火葬。お隣の中国はどうだったのか調べてみた。

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    戦没者の葬儀は仏式と神式のどちら?当時、どのような議論がなされていた?

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    西洋の喪服が黒に定着するまでの歴史を調べてみたら案外最近だった

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    かつて奴隷であった女性が残した、アメリカの黒人奴隷の墓地の記録

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    死装束としての「経帷子」は、案外新しい時代に取り入れられていた

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    「火葬の煙」が与える様々な印象は中世から既に存在していた

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    江戸時代、無人島等に漂流した人々の埋葬や供養はどのように行われていた?

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    江戸時代、旅先で亡くなった場合は旅先で弔うか故郷に帰ったかどちらか?

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    人が死ぬことを「広島に行く」や「広島に○○を買いに行く」と表現するが…

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • サイト画像.png

    浅井三姉妹の末娘で徳川2代将軍の正室「江」に残された興味深い葬儀の記録

    担当分野:
    企画執筆

    日本や海外の歴史や文学の中の葬儀・埋葬・死者追悼文化についてです。

    サイトを見る

  • 制作実績

    供花の選び方、供え方

    担当分野:
    執筆

    今はなくなった情報サイトで担当した記事です。

    サイトを見る

  • 制作実績

    日本で流布する一般的なイメージとは異なる、キリスト教式の墓

    担当分野:
    企画執筆

    このように、いわゆる「多数派日本人」だけを読者に想定しないよう心掛けております。

    サイトを見る

経験年数

  • 取材・ライティング 経験 5

編集・執筆したことがある媒体

WEBメディア

自社サービスや商品の購入・認知・リード獲得などを目的としたメディア

コーポレート/店舗サイトサービス紹介・ブランディングサイト

経験した業種・業界

卸売・小売

訪問販売

冠婚葬祭

葬儀・葬儀関連サービス

エンタメ・娯楽

興行場(別掲を除く)・興行団

WEBサービス・メディア・IoT

ニュース・キュレーションメディア オンラインゲーム・ソーシャルゲーム

その他

ハンドメイド雑貨制作

経験した職種

管理職・事務職・バックオフィス

翻訳・事務・アシスタント

営業事務・アシスタント

デザイン・クリエイティブ関連専門職

芸術家

その他の芸術家

出版・アニメ・ゲーム専門職

漫画・アニメ・ゲーム

シナリオライター

テレビ・芸能・音楽専門職

テレビ・映画・舞台・youtube

ユーチューバー

伝統芸能

その他伝統芸能関連職

その他

その他

その他職業従事者

編集・執筆したことがあるコンテンツ・記事

紹介文・説明文

用語解説

コラム・マガジン

お役立ち情報・雑学

HowTo

学び暮らしその他(美術)

編集・執筆関連スキル

取材・ライティング

取材・インタビュー執筆

関心のあるジャンル

ゲーム・アニメ・本 歴史・宗教 教育・資格・習い事 冠婚葬祭 ペット その他(美術)

扱える言語

日本語 英語 ドイツ語 その他(英語及びドイツ語は、「参考文献」としての辞書などに頼る読解程度。)

資格

運転免許

普通免許

国際・語学・翻訳・通訳

日本漢字能力検定 2級 実用英語技能検定(英検) 3級

指導員・専門職・工芸士

生涯学習指導者

食・栄養・衛生

食品衛生責任者

その他

ペット看護士(動物看護師とは別の資格)
学位(修士・学術)
終活ライフケアプランナー
ペットセーバーベーシック&アドバンス
準デジタル・アーキビスト
宗教文化士

趣味・スポーツ

[趣味] 日本ではまだ余り知られていない、西洋美術史関連の洋書を(グーグル翻訳や辞書頼みですが)読むこと。 絵本調のアナログイラストを描くこと。
[スポーツ] 水泳を若干たしなみます。